セラピスト・コーチ・カウンセラーのあなたへ

人のために尽くしがちなあなたへ

人のために尽くしがちなあなたは、自分の喜びを置き去りにしてしまっていませんか?
人のために頑張っている人は、自分の喜びに疎い人が多いようです。自分自身の喜びを置き去りにする、そういう癖がある人が多いですね。

今まではそれで良かったかもしれないけどこれからは違う。自分自身の喜びが、実は一番大事。なぜなら地球がどんどん高波動に変わってきて軽やかな喜びが私たちのエネルギーになってきているから。

高波動の地球では、自分の喜びを置き去りにして人のために役割や使命に走っていると苦しくなってきます。人のために尽くしがちな人は変わっていくとき。自分を満たすことをしっかりやっていく必要があります。

自分の緩さ、楽しさを一番にもってくる。カラダを休めること、心を安心で満たすこと。自分自身に目を向けることが一番に大事です。

自分を愛する、
自分を大事にすることをやっていこう。

自分自身をもっともっと好きになっていこう。
リラックスして自分自身を緩めていこう。

自分を愛することが人を幸せにする最大のエネルギーになっていきます。それに気づいていない人には気づきを促す出来事が繰り返しやってきます。そこを抜けるまで重い波動の出来事が降りかかってきてしまいます。私たちが気づくまで促してくる宇宙の愛ですね。

あなた自身が満たされて愛と光の波動で存在するだけで人のためになり、世界のためになります。自分を満たすことを一番にやる。それが私達の新しい生き方です。


がんばるのをやめると豊かさがやってくる

私は、2013年からコーチングでセッションをしたり講座や研修をしたりしてきました。コーチングに出会ったのは2007年頃、当時いた会社での社内研修でした。部下育成にコーチングを取り入れて真面目に頑張りましたが壁にぶつかり、悩んでいたときに出会ったのが『頑張るのをやめると、豊かさはやってくる』という本でした。

「頑張るのをやめるってどういうことなんだ?!」と頭では理解できませんでした。ただ、ハートでは「この生き方をしてみたい!」と思って何度も何度も読み返しました。ちなみにこの本の著者も日本でコーチングスクールをされているアメリカの方でした。

あれから私の「がんばらない生き方」を探求する旅が始まりました。と言いながら探求することを頑張ってしまうという悪循環も繰り返しながら・・・。そんな中で自分はまだまだだと納得いかずに様々な学びを求めてコーチング・カウンセリング・メンタルヘルス等々を深めてきました。

メンタルヘルスがきっかけで2018年から始めたリラクゼーションがそれなりに形になってきて、2020年に音叉ヒーリング・チャネリングも始めました。これらは自分でも嘘のように感覚的にすでに知っていることを知識として学び直している感じでした。「たぶん前世でもやってたな」と何度も思いました。まさに何にもがんばらないで楽しくやっているだけなのが本当にありがたい。これががんばるのをやめるということなのか・・・と思いました。

2018年、リラクゼーションを始めるのと同時期に田舎の庭のある家に引っ越して、下手なりに始めたガーデニング。草花と戯れ土に触れることが私の心のゆとりになりました。

2020年、「頑張るのをやめると、豊かさはやってくる」のをようやく少しは体現できるようになったなと感じました。

コーチングを始めてからの私をふり返ると、自分の力で何かやってきた感覚はほとんどありません。いつも何かに導かれて目に見えない何かにサポートされてきたのを感じます。2020年、世間ではコロナ騒動で大変な時期にも私には不安感がまったくありませんでした。この騒動のおかげで田舎から出ない生活が続いたのも良かったのだと思います。

セラピスト・コーチ・カウンセラーのあなたへ

今、私と同じように内側にあった理想を思い出している人も多いのではないかと感じています。特に、人のために一生懸命なセラピスト・コーチ・カウンセラーという人たちは私の仲間です。これからもピュアなハートで人を癒し、人々に影響を与えていく人たちだと思います。ともに進化し次元上昇してけたらという想いで、今の私にできることをお伝えしたくてホームページを作り直しました。

オンラインで世界中どこにいてもつながれる時代になったのも希望です。リラクゼーションは安心してリラックスできる女性限定ホームサロンです。ちょっと疲れたなと思ったら気軽に自分を癒しに来てもらえたら嬉しく思っています。
ビーイングコーチングオフィス
代表 横尾 弥寿代